冬雷について Web冬雷 大山敏夫のページ
短歌投稿欄 冬雷Web広場 入会案内
リンク
 
広報からのお知らせ

7月号掲載のお知らせ

お元気ですか。冬雷短歌会ホームページです。

◇Webデザイナーの川端様より7月号掲載の連絡がありましたのでお知らせします。

◇目次の上に第56回冬雷大会案内がありますのでご覧ください。開催は10月15日(日)、今年は両国ビューホテルで行われます。詠草締切、諸費用のことなども掲載されております。作品批評を中心とした短歌を学ぶ一日、大会・懇親会で交流を深める一日となります。皆様のご参加をお待ちします。

◇今月の30首は関口正子さんの「ふるさと」です。生まれ育った故郷での遠き日々、その後の歩み、そして現在の暮しのことなどがしみじみと詠まれています。作品欄を飾る写真は関口正道さん撮影の神奈川近代文学館、霧笛橋、谷戸坂など横浜の風景です。画像の解説も合せてご覧ください。

◇橘さんのコラム、立谷さんの詩歌の紹介、中村さんの「抜錨」論も読みごたえがあります。どうぞ、ごゆっくり7月号をお楽しみください。

◇梅雨時で体調を崩しやすいときです。お体を大切にお過ごしくださいますよう。

6月19日(月)19:17:47 更新
 

各種お知らせ

冬雷ホームページにようこそ。青葉が目に眩しい季節ですね。

◇冬雷大会のご案内の広告が次号7月号に掲載されます。小欄でも開催日時、場所などをお知らせしましたが、7月号が発行されましたら詳細をご覧になってください。

◇7月号は6月5日が発行所での校正です。会員の皆様からの投稿をもとに、冬雷誌は毎月着々と準備発行されています。編集室はじめ担当者は限られた期間内に集中して作業を行っています。次号もどうぞお楽しみに。

◇例会のお知らせが掲示板に出ています。今月の例会は6月11日(日)豊洲シビックセンター第6研修室で午後1時から5時頃まで行われます。掲示板には9月までの開催日程が出ています。ご参加をお待ちします。

◇今年の発行歌集は4月号別冊付録小川照子氏の『柊の家』が挙げられます。今後も冬雷から良い歌集が出ることを期待しています。ホームページに「冬雷叢書」「冬雷短歌会文庫」など発行歌集の一覧がありますが、記載は都合で毎年12月に纏めて更新しております。

◇だいぶ暑くなりました。冷房対策なども必要のようです。お元気でお過ごしくださいますよう。

6月4日(日)21:48:32 更新
 
 
更新情報