冬雷について Web冬雷 大山敏夫のページ
短歌投稿欄 冬雷Web広場 入会案内
リンク
 
広報からのお知らせ

各種お知らせ

冬雷短歌会ホームページです。

◇桜が過ぎて山吹、つつじ、花水木など、いっせいに春の花々が咲き心地よい季節となりました。先日発行所より5月号が発送されました。ホームページでも最新号は読めますが、発行所から発送の冬雷誌を手にすると何かほっとします。例会では出席者の冬雷誌上作品を批評します。5月例会は5月14日(日)豊洲シビックセンター8階第一研修室にて、午後1時より行われます。会員の方はどなたでも参加できます。5月号をお持ちください。

◇開催中の創展で嶋田正之氏の「寂韻」を鑑賞してきました。嶋田氏の短歌、槻川の一連(4月号)を思い出しつつ、楽しませていただきました。静寂感のある川の水面を描いた素晴らしい作品でした。嶋田さん、ありがとうございました。

◇冬雷では新会員を募集しております。毎日の生活や旅先で心に感じることなど、短歌にしてみませんか。57577の31文字で表現する楽しさが実感できます。初心の方は、無料で選者による添削が受けられます。作品は毎月発行される「冬雷」に掲載されます。

◇入会のお申込み、お問い合わせはこのホームページからどうぞ。「Web冬雷」に最新号のほか冬雷短歌会発行の『川又幸子歌集』『怯むことなく』の2冊が掲載されています。ご覧いただければ幸いです。冬雷で楽しく勉強しながら、あなたの短歌を完成させていきませんか。ご入会をお待ちしています。

4月28日(金)21:24:09 更新
 

5月号掲載のお知らせ

冬雷短歌会ホームページにようこそ。いかがお過ごしでしょうか。

◇花見の季節も過ぎ、若葉萌える頃となりました。Webデザイナーの川端様より5月号掲載の連絡を頂きましたのでお知らせします。

◇先日豊洲文化センターにて4月の例会が行われたばかりですが、冬雷ホームページでは早5月号を掲載しました。本号には昨年逝去された栗原サヨ氏、荒木米子氏を追悼する特集がございます。関口正道氏、天野克彦氏はじめ多くの皆様から追悼文をいただき、充実した頁となりました。

◇このほか各連載の読み物も面白く読み応えがあります。

◇作品欄の写真は、毎号関口正道さんの撮影によるものです。本号は鎌倉で撮影されたもので鎌倉文学館など鮮明で非常に美しい写真です。画面を少し大きくして見ると、建物のガラス窓の光り具合や周りを囲む木々の葉の濃淡も感じられます。撮影の解説もあります

◇では冬雷ホームページにてごゆっくり5月号をお楽しみください。

4月14日(金)14:26:00 更新
 
 
更新情報