冬雷について Web冬雷 大山敏夫のページ
短歌投稿欄 冬雷Web広場 入会案内
リンク
 
広報からのお知らせ

テレビ放送のお知らせ

こんにちは。冬雷短歌会ホームページです。

◇会員の永野雅子さんが職場で取材を受けたテレビ番組の放送が近くありますので、お知らせします。永野さんから編集室に連絡をいただきました。

 放映 9月26日(水)午後6時過ぎ〜日本テレビ news every.

   永野さんは 中華 三幸苑として出演します。

 放送内容紹介(永野さんのメールより) 

五十年前、父が修行して暖簾分けして戴いた「横浜の中華 三幸苑の名物タンメン復活」と中華と和食のコラボを狙った「海鮮丼」、お客様に喜んでいただける「ワンコイン500円弁当?販売」がテーマです。

毎月の短歌で仕事の歌を詠みますが、その職場の雰囲気が伝わると嬉しいです。ちなみに今回、私はちらっとしか映りません。メインは弟に任せました。(永野雅子) 

◇皆さんにこの放送をご覧いただければ幸いです。取り急ぎお知らせします。

9月24日(月)12:17:23 更新
 

Pdf版10月号掲載のお知らせ

◇「Web冬雷」に最新号としてPdf版10月号を掲載しました。10月21日第57回冬雷大会のご案内が目次上の欄にあります。会場、当日の進行、参加費用などが書いてありますのでよろしくお願いします。作品批評に関して「作者のこえ」のコーナーもあります。午前の評者で澤木洋子さんが都合でご欠席のため、桜井美保子が替りを務めます。よろしくお願いします。

◇「今月の30首」は橋本佳代子氏の「狭間に生きる」です。農に生きて九十三年、ますますお元気に暮らしておられる作者に励まされます。

◇作品欄の写真は日本橋界隈です。関口正道さんの解説を読みながら街の佇まいを楽しみたいと思います。

◇橘美千代氏の「身体感覚を歌う」はその30回目、立谷正男氏の「詩歌の紹介」はその54回目の連載です。楽しみに読んでおられる方々も多いことと思います。

◇10月号80頁に「創展」のご案内があります。嶋田正之画伯の作品を鑑賞しましょう。9月27日から10月5日まで(10月1日は休館)上野公園東京都美術館で開催されます。ぜひ、お出かけくださいませ。

◇<今月の「し」と「たる」>は大山編集長の執筆です。冬雷誌作品から具体的な例をあげて過去回想の助動詞「し」について述べているので、分かりやすいと思います。

◇赤羽佳年氏の「冬雷歳時記風」と「9月号各欄一首抄」がアップされています。こちらも、どうぞご愛読ください。

◇気候の変り目ですので皆様どうぞお体を大切に、お元気で過ごされますように。

9月14日(金)20:12:24 更新
 
 
更新情報